にほんブログ村 環境ブログ 大気・水・土壌環境へ
にほんブログ村

2011年05月09日

水道法に係る水質基準に関する省令等の改正

水道法に係る「水質基準に関する省令等の一部を改正する省令」が2011年4月1日に施行されました。
また、水質基準を補完する項目として定められている水質管理目標設定項目の一部の改正が同日から適用されました。
改正の主な内容

1.水質基準省令の一部改正
・トリクロロエチレンに係る基準値の強化   
 旧0.03mg/L以下→新0.01mg/L以下

2.水道施設の技術的基準を定める省令の一部改正
・薬品等及び資機材等材質のトリクロロエチレンに係る基準値の強化
 旧0.003mg/L以下→新0.001mg/L以下

3.給水装置の構造及び材質の基準に関する省令の一部改正
・給水装置に設置されている給水用具の浸出液のトリクロロエチレンに係る基準値の強化
 →末端に設置されている給水用具 旧0.003mg/L以下→新0.001mg/L以下
 →末端以外に設置されている給水用具 旧0.03mg/L以下→新0.01mg/L以下

4.水質管理目標設定項目の一部改正
(別添1 水質管理目標設定項目)
・トルエンの目標値の緩和
 旧0.2mg/L→新0.4mg/L

(別添2 農薬類の対象農薬リスト)
・ペンシクロンの目標値の緩和       旧0.04mg/L→新0.1mg/L
・メタラキシルの目標値の緩和       旧0.05mg/L→新0.06mg/L
・ブタミホスの目標値の緩和        旧0.01mg/L→新0.02mg/L
・プレチラクロールの目標値の緩和     旧0.04mg/L→新0.05mg/L


詳細は厚生労働省の「水質基準に関する省令の一部改正等について(施行通知)」をご確認ください。
当社は、ビル管法(建築物における衛生的環境の確保に関する法律)に基づき飲料水分析を行っています。お気軽にお問合せ下さい。
posted by 理研太郎 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2011年05月03日

南アルプス市の河川及び地下水-1

南アルプス市には、日本一がいくつもあります。

一つは、連峰としては、日本で最高峰の北岳で3193mあります。単独峰では富士山の3776mには及びませんが、連峰としては北アルプスを超える高さです。

もう一つは、御勅使川扇状地で、御勅使川の氾濫でできた平らな土地で、日本一の広さと言われています。
源地区を扇頂とし、藤田地区や南湖地区を扇端としており、東西9km、南北8kmと山梨県では珍しい広大な平野を実現しています。

さらに追加で、南アルプス市商工会は、商工会の組織の中では共済保険の契約者数が全国で一番多いと聞いています。

ざっと挙げただけでも、日本一が3つもありました。

私どもは、環境調査を行なっている企業ですので、市内の河川水や地下水についてコメントをしていきたいと思います。



<004.JPG


昨年度、市内河川及び地下水を調査しましたが、西部の山岳地帯は、環境が保全され、綺麗な水でした。
posted by 理研太郎 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アルプスの蒼

2010年04月15日

【連載1】ビルの飲料水水質検査について

こんにちは、山梨の小さな分析専門店の金丸です。
早速遅れてしまいましたorz
会社のホームページを刷新してくれ!という課題を与えられ、フラッシュを作成しているうちに、気づいたら週が明けておりました(汗
ちなみに、作成したのはこちらのページです
フラッシュって色々な事ができて面白いですね!

えー、前回は水質検査のほんの導入でしたが、今回からはより具体的な内容に入りたいと思います。
そこで今回は、「ビル管理法による飲料水」について述べたいと思います。
検査項目が多数あり、かなり煩雑な内容となっていましたので、表にまとめたりしました。

建築物の衛生的環境の確保に関する法律、通称「ビル管理法」では、以下の様に飲料水の水質基準を定めています。
・省略不可10項目
・重金属類5項目
・消毒副生成物等12項目
※地下水を使用する場合は、別途検査項目が必要となります。詳しくは下記参照

以上をまとめたものが下記べージになります。
乱雑な表ですが、もし良かったら見てみてください。

建築物における水質検査一覧
posted by 理研太郎 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 教えてちょーだい!

2010年04月02日

【導入】飲料水水質検査について

こんにちは、山梨の小さな分析専門店の金丸です。

・飲料水の検査をお願いしたいんだけど、検査項目ってどう判断すればいいの?
・飲料水検査の10項目とか12項目とかあるけど、これはなんなの?

よく、こうした質問をいただきます。
そこで、これから数回に渡り、様々な飲料水水質検査について述べたいと思います。

一口に水質検査といっても、様々な種類の基準があり、検査方法や項目も様々です。そこで、今回は代表的な水質検査項目について紹介したいと思います。

・ビル管理法による飲料水について
・水道水(主に水道法20条登録検査機関による)について
・井戸水使用による飲料水について

それぞれの目的や用途によって、検査項目が決まってきます。

次回の一回目は「ビル管理法による飲料水について」述べたいと思います。今回は、ちょっとしたさわりだけですが、次回以降述べて行きたいと思います。
posted by 理研太郎 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 教えてちょーだい!

2010年03月24日

BODについて

初めまして、山梨の小さな分析専門店の金丸と申します。

普段、お客様から聞かれる事や、私自身の勉強のため、当ブログを開設しました。

これから、週一程度で、更新して行きたいと思います。

初回は、「BODって結局何なの?」と
か、「BODって聞かれるとなんか悪そう・・・」という事をよく聞かれますので、BODについて述べたいと思います。

BODとは、まず、生物化学的酸素要求量(Biochemical Oxygen Demand)の略であり、浄化槽や工場排水等の規制項目の一つとして重要なものです。

これは、「微生物が水中の有機物を分解するときに消費する酸素量」として表され、この値が大きいほど、水の汚れの度合いがひどいことになります。
posted by 理研太郎 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 教えてちょーだい!