にほんブログ村 環境ブログ 大気・水・土壌環境へ
にほんブログ村

2015年05月07日

1,4ジオキサンの排水基準について

「排水基準を定める省令の一部を改正する省令の一部を改正する省令」が平成27年5月1日付で公布され、平成27年5月25日から施行されることになりましたので、お知らせいたします。
今回の省令改正は、水質汚濁防止法における1,4-ジオキサンに係る暫定排水基準について、現行の暫定措置が平成27年5月24日をもって適用期限を迎えることから、以降の暫定排水基準について定めたものです。
詳しくは、弊社もしくは、環境省HPまでお問い合わせください。

営業部TEL:055-283-6155
posted by 理研太郎 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 教えてちょーだい!

2014年11月27日

水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準等の改正について

平成26年11月17日、公共用水域の水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準及び地下水の水質汚濁に係る環境基準の基準値の改正について告示されました。
改正の概要は以下のとおりです。

水質環境基準健康項目のうち、「トリクロロエチレン」の基準値変更

従来:0.03mg/L以下→新基準値:0.01mg/L以下
詳細は環境省のホームページ、
水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準等の改正について)
をご確認下さい。

ご不明な点がありましたら遠慮なくご相談下さい。

また、環境水・地下水分析の見積もり依頼にて承っております。
お急ぎの場合は当社営業部へご連絡下さい。
TEL:055-283-6155
posted by 理研太郎 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 教えてちょーだい!

2012年11月15日

農協に相談にいった

この間、小笠原のこま野農協に農業経営について相談にいってきました。

もちろん本職は、環境調査ですが。

このへんの土地は、石が多く、水が少ないので、野菜などは向かなくて果樹がいいとのこと。

本職が忙しいので、一番手がかからない農産物は何ですかと聞いたら”あんぽ柿”がいいとのこと。

半熟の干し柿だが、もともと南アルプス市の農家で古くから生産されてきたものであり、大産地の福島県で

では放射能の影響で、ほとんど出荷できなくて需要が増大しているそうです。

苗を植えてから、5年後に出荷できるそうですが、農産生産物の安全検査で、分析化学の需要があるかも。
タグ:社長の呟き
posted by 理研太郎 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 教えてちょーだい!

2011年11月16日

大腸菌について@

本日は、飲料水の中で最も重視されている大腸菌について述べたいと思います。

【大腸菌とは】
大腸菌(Escherichia coli)は、火と及び動物の糞便中に多数存在し、新しい糞便では約10の9乗細胞/gに達する。一方で、大腸菌以外の大腸菌群は、合計して10の6乗細胞/gを超える事はほとんどない。
大腸菌は、ヒト、家畜、又は野生動物や鳥類によって細菌汚染された下水、下水処理水、及びすべての自然水や土壌中に認められるが、糞便で汚染されてない水、土壌、植物などに存在することはまれである。
ダウンロード.jpg

【特定酵素基質培地法の特質】
本法は、大腸菌群試験に用いる特定酵素基質培地にMUG(4-メチルウンベリフェリルーβーD-グルクロニド)を含ませることで大腸菌に存在するβーグルクロニターゼの有無を確認し、大腸菌を同時に判定する方法である。

【測定の用途】
多くの環境下において、グラム陰性桿菌の中で糞便汚染を高度に特定できる指標として用いる。糞便性大腸菌群の判定では、他の細菌種が混在する事が知られているため、より直接的に糞便汚染を示す「大腸菌(E-coli)で判定したい場合に用いる。

【試験方法】
特定酵素基質培地による。アテクト社製のコリターグという商品を使い、検体100mlを入れ、恒温槽にて、36±1℃、24時間±2時間培養し、360nmのブラックライトを当て陰性か陽性かを判断します。
次回へ続く・・・
EL-100.jpg
posted by 理研太郎 at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 教えてちょーだい!

2011年10月03日

一般細菌についてA

中央環境理研の金丸です。
夏も終わりに近づき、涼しさが増してきました。

さて、前回は一般細菌について触れましたが、今回はもう少し踏み込んでお話したいと思います。

水の中には様々な細菌がおります。「一般細菌」「従属栄養細菌」「全細菌」「生菌」があります。ここで、一般細菌とは、従属栄養細菌のうち、温血動物の体温(36℃±1℃)で比較的短時間に集落を形成する細菌を言います。一般細菌として検出される細菌の多くは、直接病原菌との関連はありませんが、一般細菌が多数検出される水は、糞便によって汚染されていることを疑わせるものである。地下水では、一般細菌の急増は汚染の可能性を強く示しているが、表流水では水温の変化や降雨によって著しく影響を受けるので、菌数が多い値を示したからといって、必ずしも新たな糞便による汚染を示しているとは言えない。
「上水試験方法抜粋」

今年も多数の検査をさせて頂きましたが、毎年検査していて思うのは、この一般細菌は1〜10個/CFU程度は存在するという事です。逆に、塩素消毒が多すぎたりする水には、検出しない(0個である)事が多いです。
その場合は、水の臭いで分かる事があります。
posted by 理研太郎 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 教えてちょーだい!

2011年09月07日

一般細菌について

久しぶりの更新ですがよろしくお願い致します。

今回は一般細菌というものに簡単ですが触れてゆきたいと思います。

一般細菌とは原水中に大腸菌群より多く存在し、また塩素に対して強い抵抗性を持って

いるので塩素消毒をしても、水中には一般細菌が存在する事があります。例え消毒効果を

確認するのであれば一般細菌のほうが効果的と言えるのではないでしょうか。

また定期的に更新していければと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。
posted by 理研太郎 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 教えてちょーだい!

2010年04月15日

【連載1】ビルの飲料水水質検査について

こんにちは、山梨の小さな分析専門店の金丸です。
早速遅れてしまいましたorz
会社のホームページを刷新してくれ!という課題を与えられ、フラッシュを作成しているうちに、気づいたら週が明けておりました(汗
ちなみに、作成したのはこちらのページです
フラッシュって色々な事ができて面白いですね!

えー、前回は水質検査のほんの導入でしたが、今回からはより具体的な内容に入りたいと思います。
そこで今回は、「ビル管理法による飲料水」について述べたいと思います。
検査項目が多数あり、かなり煩雑な内容となっていましたので、表にまとめたりしました。

建築物の衛生的環境の確保に関する法律、通称「ビル管理法」では、以下の様に飲料水の水質基準を定めています。
・省略不可10項目
・重金属類5項目
・消毒副生成物等12項目
※地下水を使用する場合は、別途検査項目が必要となります。詳しくは下記参照

以上をまとめたものが下記べージになります。
乱雑な表ですが、もし良かったら見てみてください。

建築物における水質検査一覧
posted by 理研太郎 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 教えてちょーだい!

2010年04月02日

【導入】飲料水水質検査について

こんにちは、山梨の小さな分析専門店の金丸です。

・飲料水の検査をお願いしたいんだけど、検査項目ってどう判断すればいいの?
・飲料水検査の10項目とか12項目とかあるけど、これはなんなの?

よく、こうした質問をいただきます。
そこで、これから数回に渡り、様々な飲料水水質検査について述べたいと思います。

一口に水質検査といっても、様々な種類の基準があり、検査方法や項目も様々です。そこで、今回は代表的な水質検査項目について紹介したいと思います。

・ビル管理法による飲料水について
・水道水(主に水道法20条登録検査機関による)について
・井戸水使用による飲料水について

それぞれの目的や用途によって、検査項目が決まってきます。

次回の一回目は「ビル管理法による飲料水について」述べたいと思います。今回は、ちょっとしたさわりだけですが、次回以降述べて行きたいと思います。
posted by 理研太郎 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 教えてちょーだい!

2010年03月24日

BODについて

初めまして、山梨の小さな分析専門店の金丸と申します。

普段、お客様から聞かれる事や、私自身の勉強のため、当ブログを開設しました。

これから、週一程度で、更新して行きたいと思います。

初回は、「BODって結局何なの?」と
か、「BODって聞かれるとなんか悪そう・・・」という事をよく聞かれますので、BODについて述べたいと思います。

BODとは、まず、生物化学的酸素要求量(Biochemical Oxygen Demand)の略であり、浄化槽や工場排水等の規制項目の一つとして重要なものです。

これは、「微生物が水中の有機物を分解するときに消費する酸素量」として表され、この値が大きいほど、水の汚れの度合いがひどいことになります。
posted by 理研太郎 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 教えてちょーだい!