にほんブログ村 環境ブログ 大気・水・土壌環境へ
にほんブログ村

2011年05月03日

南アルプス市の河川及び地下水-1

南アルプス市には、日本一がいくつもあります。

一つは、連峰としては、日本で最高峰の北岳で3193mあります。単独峰では富士山の3776mには及びませんが、連峰としては北アルプスを超える高さです。

もう一つは、御勅使川扇状地で、御勅使川の氾濫でできた平らな土地で、日本一の広さと言われています。
源地区を扇頂とし、藤田地区や南湖地区を扇端としており、東西9km、南北8kmと山梨県では珍しい広大な平野を実現しています。

さらに追加で、南アルプス市商工会は、商工会の組織の中では共済保険の契約者数が全国で一番多いと聞いています。

ざっと挙げただけでも、日本一が3つもありました。

私どもは、環境調査を行なっている企業ですので、市内の河川水や地下水についてコメントをしていきたいと思います。



<004.JPG


昨年度、市内河川及び地下水を調査しましたが、西部の山岳地帯は、環境が保全され、綺麗な水でした。
posted by 理研太郎 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アルプスの蒼
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44690728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック