にほんブログ村 環境ブログ 大気・水・土壌環境へ
にほんブログ村

2014年06月12日

「祝」南アルプスのユネスコエコパーク登録

こんにちわ。
中央環境理研の金丸です。

去年の6月に富士山が国内遺産に登録されて新しい記憶がありますが、弊社の真裏にある、南アルプスの山が、今年、6/11付けで、ユネスコよりエコパークの認定がされたようです。
今まで、国内は5箇所だったようですが、福島の「只見」と合わせて、7箇所が認定されました。

私も、この山の麓で育って、30数年になりますが、とても美しく、時には勇気をくれる(パワースポット的な?)場所です。標高1300m程度までは、車で行くことができ、絶景の夜景スポットもあります。

以下、抜粋になります。

「エコパークは生態系の保全と持続可能な利活用の調和が狙い。地域の自然と文化を守りながら地域社会の発展を目指すため生物多様性の保全機能、学術的研究支援、経済と社会の発展の三つの機能が求められ、登録には▽自然環境を守らなければならない「核心地域」▽環境教育や観光・レジャーに利用できる「緩衝地域」▽社会と経済の発展が図られる「移行地域」−−の三つの地域を設定しなければならない。」
(6/11付毎日新聞朝刊より)


以上の事からも、弊社では環境を間接的にではありますが、守る仕事をしている以上、益々の技術向上、環境貢献をできたらと思います。

今後も精進して参ります。
posted by 理研太郎 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アルプスの蒼