にほんブログ村 環境ブログ 大気・水・土壌環境へ
にほんブログ村

2012年11月15日

農協に相談にいった

この間、小笠原のこま野農協に農業経営について相談にいってきました。

もちろん本職は、環境調査ですが。

このへんの土地は、石が多く、水が少ないので、野菜などは向かなくて果樹がいいとのこと。

本職が忙しいので、一番手がかからない農産物は何ですかと聞いたら”あんぽ柿”がいいとのこと。

半熟の干し柿だが、もともと南アルプス市の農家で古くから生産されてきたものであり、大産地の福島県で

では放射能の影響で、ほとんど出荷できなくて需要が増大しているそうです。

苗を植えてから、5年後に出荷できるそうですが、農産生産物の安全検査で、分析化学の需要があるかも。
タグ:社長の呟き
posted by 理研太郎 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 教えてちょーだい!

2012年11月08日

農業と環境保全・・・・社長の呟き

農業と環境保全活動には密接な関係があると思う。環境保全活動は、浄化槽や下水道など人間の排泄物などをクリ-ンにして放出したりするように、ISO14000でも言われているように、大気、水質、土壌、産業廃棄物などの環境負荷を軽減することを目標とする。

一方、農業は、何もないところから、土壌や水などを使用し、食料などを生産するものであり、原則的に自然界に循環する製品なので、環境負荷がほとんど発生しない。
また、光合成によって二酸化炭素を吸収し、酸素を発生するので地球温暖化に貢献していると言える。

山寺地区に、300坪ほどの土地が空いてしまったので、もともと農地の種別に区分されており、農産物を生産しようかと思っている。

実験農場として活用し、この地域にあった生産をしたいと思っている。時間があれば・・・・。
posted by 理研太郎 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 南アルプスの蒼